精神保健福祉士を通信で取得!学校比較!

三角の画像

精神保健福祉士の通信講座を比較する際に便利

精神保健福祉士の通信講座は、多くの会社から出されています。そうした背景がありますので、どの通信講座が自分に最適なのかを知ることがまず大切になってきます。各々の通信講座の特徴の調べ方としては、一つ一つのその通信講座を提供している会社のホームページにアクセスして調べていく方法があります。

しかし、こうした方法で調べていくとあまりに膨大な時間を要します。時間がある人はそうした方法でも構いませんが、それほど時間を取れる方はそれほど多くありません。そこで、こちらの比較サイトを使うと調べるのに便利です。複数の精神保健福祉士の通信講座の特徴比較していますので、自分にとって相応しい通信講座はどこなのかを知るには最適なサイトです。

またこの比較サイトにはもう一つだけ魅力があるものがあります。それが精神保健福祉士に関する豆知識です。この職種のことを分かりやすいようにまとめられています。どういった職種なのか、この資格の取得方法、今後のニーズなど分かりやすく掲載されていますので、一度は一読しておく価値はあります。

アルファ医療福祉専門学校

評価

利便性

満足度

サービス度

掲載情報量

 POINT 

  • 資格取得が目的のトップクラスの合格率を誇る通信教育サービス
  • 充実したサポート体制により無理のない学習可能
  • 働きながら勉強を進め資格取得が可能

この【アルファ医療福祉専門学校】は精神保健福祉士の資格取得を目的として通信教育サービスです。専門職の国家資格になり、精神医療分野と福祉分野にまたがっている精神科ソーシャルワーカーになります。トップクラスの合格率を誇っています。

サービス形態は現場での即戦力となる福祉のプロの育成に力が入れられています。基礎から実践の現場での実習まで幅広く学べ、無理なく学習が進むようサポートしてくれます。一般養成コースと短期育成コースが設けられています。

特典は働きながら資格取得を目指せることです。スクーリングは日曜日に実施され、電話やメールでも個別相談も対応してくれます。充実した学習内容で、現場経験の豊富な講師陣による指導が行われています。

公式サイトはこちら
三角の画像

聖徳大学通信教育部

評価

利便性

満足度

サービス度

掲載情報量

 POINT 

  • 卒業すると同時に、国家試験への受験資格を習得できます
  • 入学試験はなく、書類選考の身で入学できます
  • 他の大学を卒業している場合、三年次に編入できます

聖徳大学通信教育部では、通信で精神保健福祉士の資格が習得できます。大学を卒業した人であれば、三年次から編入することが可能になっており最短二年で国家試験への受験資格を取得することが出来ます。国家試験の合格率も最高峰です。

聖徳大学通信教育部への入学は、書類選考のみで、入学試験を受験する必要がなくすぐに必要な勉強が始められます。在宅学習がメインの通信教育で、サポート体制も手厚いのが特徴です。スクリーニング授業を受ける必要がありますが、土日やゴールデンウォークにも行っており、社会人でも無理なく資格取得を目指せます。

聖徳大学通信教育部での3日間15単位のスクリーニング授業では、他の生徒とのグループワークやロールプレイングを通して実践的な現場で活きる、有意義な知識を習得できます。

公式サイトはこちら
三角の画像

日本福祉教育専門学校

評価

利便性

満足度

サービス度

掲載情報量

 POINT 

  • 国家資格取得を目指した通信教育サービス
  • きめ細やかなサポート体制で、高い合格率が実現
  • 講師陣による丁寧な添削指導を実施

日本福祉教育専門学校で精神保健福祉士の資格取得を目的とした通信教育サービスが提供されています。資格取得後は、精神科病院や精神科クリニックが活躍の場所になります。そして、オープンキャンパスも実施されています。

高い受講生修了率を誇っていて、決め細やかなサポート体制が整っています。たくさんの合格者を輩出しています。そして、独自の国家試験対策が実施されていて、全国各地でしっかりとした実務の基本を学べる実習になります。

レポート添削では講師が添削指導を行い、解説と模範解答が添付されます。学習内容の理解が深まり、知識の向上に役立ちます。パソコンで過去問に挑戦でき、紙ベースなら郵送してもらえます。

公式サイトはこちら
三角の画像

上智社会福祉専門学校

評価

利便性

満足度

サービス度

掲載情報量

 POINT 

  • 充実したカリキュラムを組んでいる
  • 教員と学生が対等に考えて対話をすることに重点を置いている
  • 演習は少人数制で行っているのでとても助かる

上智社会福祉専門学校の精神保健福祉士通信過程は分散型のスクーリングスケジュールを組んでいるので、忙しい人でも安心して受講することができます。また講義とレポートを使って教員と学生が対等に考え対話する形式を重視しているので、単なる詰込み型ではなくしっかりと考えながら学習することができます。

上智社会福祉専門学校の精神保健福祉士通信過程の演習は20人以下の少人数制で行っているので、教員とコミュニケーションを取りながらしっかりと学ぶことができます。カリキュラムもとても充実しているので必要な知識をしっかりと習得することができます。

上智社会福祉専門学校の精神保健福祉士通信過程を受講したいと思っても不明な点があると躊躇してしまうこともありますが、無料で資料請求をすることができるので資料を見てしっかりと確認してから受講するかどうかを決めることができます。

公式サイトはこちら
三角の画像

専門学校高崎福祉医療カレッジ

評価

利便性

満足度

サービス度

掲載情報量

 POINT 

  • 受験資格を取得することができる
  • 一般養成課程と短期養成課程が用意されている
  • カリキュラムがしっかりしているのでとても助かる

専門学校高崎福祉医療カレッジの精神保健福祉士科は一般養成課程と短期養成課程があり入学資格に応じてどちらかを選ぶことになりますが、どちらも通信なので都合の良い時に勉強できると言うことでとても人気があります。

専門学校高崎福祉医療カレッジではしっかりとしたカリキュラムを組んでいて予め学習する科目が決まっているのでとても助かりますが、レポートの提出期限があるのでその日までにしっかりと勉強してレポートを提出する必要があります。

専門学校高崎福祉医療カレッジでは就職サポートも行っていて、希望する会社から内定をもらうにはどうしたら良いかしっかりと学ぶことができます。また個別に就職相談にも乗ってくれるので在校生にとっては心強い限りです。

公式サイトはこちら
三角の画像

日本社会事業大学 通信教育科

評価

利便性

満足度

サービス度

掲載情報量

 POINT 

  • 通信で精神保健福祉士を取得出来ます
  • 国家試験合格率が高く、実績があります
  • 実績があるので安心して学ぶことが出来ます

日本社会事業大学 通信教育科は、通信で精神保健福祉士の取得が出来ることから、とても人気となっています。通信なので、働きながらでも資格を取得することが可能となっていますので、利便性が高く、お勧めとなっています。

日本社会事業大学 通信教育科は、精神保健福祉士の国家試験合格率が高い実績があります。学んでも資格を取得出来なければ、意味はありませんので、国家試験合格率が高い日本社会事業大学 通信教育科で学ぶことはお勧めです。

日本社会事業大学 通信教育科は、国家試験合格の実績が高いので、安心して学ぶことが出来ます。土日祝日を利用したスクーリング日程など、様々な対応があるので、学びやすいです。

公式サイトはこちら
三角の画像

国家試験合格率

精神保健福祉士は精神に問題を抱えている方の心のケアとサポートを行う専門職です。心のケアと聞くと臨床心理士と似ていると思いがちですが、たしかにどちらも人の心の問題にアプローチする職業ですが、それぞれ役割や活動する範囲が違います。臨床心理士と心に問題を抱えるお客さんに対して、臨床心理技術を使い問題が解決できるよう手助けを行う仕事です。ここでポイントはあくまでも手助けであり根本的な解決は本人が行うことです。また心のケアをサポートする対象は、子供から大人、男女問わず幅広い事です。不登校になった子供、ストレスで鬱になった人など様々です。また一般的に臨床心理士は個人でクライアントを受け持ち、会話等により心の回復を促します。一方精神保健福祉士は心のケアをする対象は基本的に精神障害を持つ方になります。ですので活動する範囲は精神病院や保健所等福祉施設になります。そして精神的な障害を抱える方に寄り添い、社会にうまく復帰できるようにその方との家族と共に支える役割を担います。そして個人では行わず、医師等と連携し、国の補助制度等も使いあらゆる面からサポートします。

将来人の心の問題をケアすることを専門にする職業を志す方の中には、精神保健福祉士と臨床心理士は、どちらの資格が取得が難しいのか気になる方もいると思います。ですが根本的に知っておくべき事として、精神保健福祉士は国家資格であり、臨床心理士は民間資格になります。メンタルヘルスの言葉が話題になったように、日常生活から受けるストレスで心に問題を抱えてしまった方の、心の病を解決するには、厚生労働省の管轄である病院や保険所、保健センター等勤務するには精神保健保健士の資格が必要になり、民間資格である臨床心理士とでは社会的な信頼が大きく異なります。また受験するための資格に関しても臨床心理士は日本臨床心理士資格認定協会が認定する大学院を卒業すると受験できるのに対して、精神保健福祉士は4年制以上の大学や専門学校を卒業することにより国家試験を取得出来ます、もしくは大学等卒業後1年以上の定められた養成施設を卒業し受験出来ます。単純に資格試験を受験するまでに要する期間の面でも精神保健福祉のほうがはるかに難しくなっています。

精神保健福祉士に合格するチャンスは毎年一回しかありません。毎年の合格率の目安は、だいたい60%前後です。1年間に約7,000人受験し、合格者は4000人位です。一般医も公表されている学校別合格率から判断すると、保健福祉系4年制大学は、合格率100%の数字を出しているところも珍しくあります。ですので試験は簡単ではありませんが、日頃からしっかりと勉強をしていれば合格するのはそこまで難しくない資格と言えます。そしてどれくらいの点数を取れば合格出来るのか基準ですが、これは公表されているので自分でも確認して参考にしてみましょう。合格するには、2つの条件をクリアする必要があり、まず、試験問題全体の得点のうち60%に達することが合格の目安になります。この60%以上の得点者に入り、さらに16科目ある試験科目のすべてにおいて得点があった場合に晴れて合格です。