精神保健福祉士を通信で取得!学校比較!

三角の画像

HOME > 精神保健福祉士の通信について > 心の病を癒やす資格、精神保健福祉士を通信で取得

心の病を癒やす資格、精神保健福祉士を通信で取得

精神保健福祉士とは、精神科ソーシャルワーカーともいい、国家資格で名乗ることのできる専門職です。主に仕事の内容は、心に病を負った方のための、手助けをすることです。具体的には、元の生活に戻るための、相談、支援、訓練などです。精神保健福祉士は、名称独占という種類の資格でで、その職業を名乗ることができますが、その仕事の内容は、資格を取らなくても行うことができます。しかし、近年、様々な社会問題によるストレスで、心の病を負う方は増えており、需要が期待されている資格です。この精神保健福祉士の資格は、通信教育によって通学することなく得ることができます例えば、「日本福祉教育専門学校」では、全国に実習施設がG500箇所以上あり、問題を回答した後の添削サービスなども行っています。添削サービスは、紙媒体でも、インターネットでも行うことができます。さらにインターネットでは過去問も公開されており、いつどこでも資格取得のための準備をすることができます。


精神保健福祉士が目指せる通信課程

精神保健福祉士になりたければ、福祉関連の専門学校で提供されている通信課程に申し込むという方法がおすすめです。この通信課程は9ヵ月間という短期で終了することができ、定員は200名が募集されています。募集の対象者は大学を卒業した人か実務経験者で、国家試験の合格者数は全国で1位という実績を誇っています。合格率は96パーセント以上とたいへん高く、受講生の終了率は93.5パーセントと高いという特徴があります。実習することができる施設は全国に535ヶ所も設けられているため、通いやすい場所を見つけることができるはずです。添削指導が行われているため実力がつきやすく、インターネットを通じて簡単にレポートを提出することができます。また双方向のコミュニケーションが可能で、週末にはスクーリングも実施されていてためになります。


精神保健福祉士の通信教育は、とても人気が高く便利

精神保健福祉士の資格を取るなら、通信教育が便利です。自宅で学習できるうえに、趣味やほかの仕事をこなしながら学習することもでき、さらには学習時間も自由に選択することもできます。学校に直接通っている場合には、やはり時間帯は自由に選択できない場合も多く、2種類以上の仕事をこなしながらという場合には不便になることもあります。しかも、交通費もかからない上に、経済的にもとても便利です。自分のペースで学習できると言う感覚が大きく、通信教育の人気はとても高いのが現状でもあります。精神保健福祉士に限らず、これからも通信教育は人気が上がってくるという可能性があり、期待が持たれています。また、ネットでの授業も頻繁におこなわれていて、某大学では無料で授業を公開しているところもあり、近年本当に学ぶ姿勢に変化がもたらされている、と言っても過言ではありません。

次の記事へ