精神保健福祉士を通信で取得!学校比較!

三角の画像

HOME > 精神保健福祉士の通信について > 精神保健福祉士になるために通信講座で勉強する

精神保健福祉士になるために通信講座で勉強する

精神保健福祉士は社会福祉士、介護福祉士と並ぶ福祉の国家資格の一つとしてよく知られており、精神科病院などで働くことを希望している人の多くがこの資格を取得するために一生懸命勉強しています。ただ精神保健福祉士は国家試験であり出題範囲も広いこともあり独学で勉強して合格するのはとても難しいので、資格の学校に通って学習している人が沢山います。資格の学校に通うことができれば合格する確率が高くなりますが、仕事等をしながら資格取得を目指している人の中には時間を作ることができず苦労している人がけっこういます。中には色々と考えた挙句この資格を取得することを諦めてしまう人もいますが、最近の資格の学校では通信講座を設けているところが多いのでそれを上手く利用しながら勉強する人が増えています。通信講座であれば空いた時間に家で気軽に勉強することができるので、合格を目指してこの方法で精神保健福祉士試験に合格するために頑張っている人が大勢います。


精神保健福祉士の資格は通信講座で取得できるのか

精神保健福祉士は多くの場合、保健福祉系の大学を卒業すると同時に受験資格が得られます。理由は大学のカリキュラムの中に含まれているからです。実務経験のない人にとっては、このルートが一番速いです。しかし、仕事をしている人であったり、様々な事情があって、大学に入学や編入することが難しい場合は、通信講座で資格を取得することも可能です。この場合は、仕事が終わったりお休みの日に勉強するので自分のペースで勉強ができるのは非常にメリットです。ただ、この方法で資格を取得するためには非常に強い意志が必要になります。自宅で宿題と呼ばれる課題を期日内にきちんとこなして、レポートを提出して、それぞれしっかりと得点をとっていく必要があるので、仕事をしながらだと疲れていたり帰宅が遅くなったりするなどを理由に課題を休むことはできません。そのため、資格を取得したいという固い意志が必要です。


精神保健福祉士は通信教育による勉強が効果的です

精神保健福祉士の資格をとるには、通信教育で勉強する方法もあります。資格取得の資格について、大学や短大を出ているか相談補助の実務があるかどうかなどで受験資格も変わりますが、いずれにしても試験を受けて合格をする必要があります。独学で試験勉強を行う事もできますが、効果的な勉強を一人で行うのは難しいです。効率良く勉強をして合格をするのは、やはり学校や教室に通って先生に教えてもらうのが近道です。通信教育でしたら自分の生活のペースを守りながら勉強ができます。教室に通うのと比較して費用が抑えやすいのもメリットです。試験に合格するためのノウハウがしっかりつまったテキストを元に勉強でき、多くの方が実際に資格を取得しています。精神保健福祉士の資格取得への意欲があり、自身で勉強の時間を作って努力できる方には最適な資格取得方法です。

次の記事へ