精神保健福祉士を通信で取得!学校比較!

三角の画像

HOME > 精神保健福祉士の通信について > 精神保健福祉士になれたら、就職先が広がる

精神保健福祉士になれたら、就職先が広がる

精神保健福祉士は国家資格であり、心の病を持っている方を支える資格です。この資格を取ることができたら、就職先が多くなります。精神保健福祉士の資格を持っている人が多く就職しているのは、精神科の病院です。その他には、保健所や精神保健福祉センターなどがあります。最近ではさらに就職先が広がっています。企業で働く人が仕事のストレスから心の病を発症することがあります。それを防ぐために働くこともあります。この場合は企業に雇用されるのではなく、企業で契約して仕事をします。心の病を発症して、職場復帰を目指す人を支える仕事をすることもあります。これまで述べたように、この資格を取ることができたら、自分の働ける場所を見つけるのは容易になります。病院が一般的ですが、それ以外のところを探しても良いでしょう。

病院で働く場合は、精神病の患者さんを全面的に支える仕事をします。心のケアもするのですが、経済的な相談になることもあります。心の病を持っている方は、病気だけではなく、経済的に苦しいことがあるので、それを改善するように努力します。具体的には、生活保護の申請を提案したり、退院後の住居の確保などをサポートしていきます。精神保健福祉士は、患者さんが病院を退院した後も援助活動を続けます。退院した後に社会に復帰するのが難しい場合は、精神科のデイケアに行くように勧めます。病院の中で働くときは、看護師や医師などと協力して仕事をすることになります。そのため就職する時は、協調性が求められることになります。精神保健福祉士としての知識も必要なのですが、豊かな人間性も仕事をする上で必要です。

精神保健福祉士の資格をとったら、都市部で特に就職がしやすくなります。都市部には、精神科の病院をはじめとして、この資格を必要としている機関や団体が多いからです。地方の場合でも就職はしやすいですが、都市部に比べると数が限られています。地方の場合は、病院が一番就職しやすいです。また地方だったら、他の福祉系の資格も持っていたら、就職しやすくなることがあります。例えば、介護福祉士の資格を持っていたら、介護施設で採用されることがあります。公務員として働く方法もあります。年齢が若い方は、この方法がお勧めです。公務員になれたら、収入は安定しますし、同じ職場に長く勤められます。公務員の場合は、採用試験が難しいことがあるので、十分に準備をしてから受ける必要があります。この資格を持っている人を募集する都道府県は近年増えています。

次の記事へ