精神保健福祉士を通信で取得!学校比較!

三角の画像

HOME > 精神保健福祉士の通信について > 精神保健福祉士のなり方は受験資格で異なる

精神保健福祉士のなり方は受験資格で異なる

治療が必要な病気やケガといえば、目に見えるものが一般的です。けがは体の外からもわかります。病気は検査等でわかります。それ以外に、目には見えにくい病気があります。それは心の病気、精神的な病気です。人はそれぞれいろいろな考えや環境の下で生活をしています。ある時まで健康的な心を持つことができても、何かがきっかけで不健康な状態になるかもしれません。その時には、一般的な病気同様に治療が必要になります。治療をするときは、心の病を治すための医療機関に行くことになります。その時には、医師や看護師などにケアをしてもらいます。それ以外に、日常生活のケアをする役割として精神保健福祉士があります。国家資格の一つで、この資格がないとできない仕事があります。他の資格と合わせて仕事をすることもあります。

なり方としては、今高校生であれば、大学を選びましょう。4年制の福祉系大学などに行き、指定科目を履修することですぐに試験の受験資格が得られます。この資格は、人の心に関するいろいろな知識や実務が必要になります。そのため、誰でもすぐに受験できるわけではありません。実務や養成施設での養成なしに受験できるのはこのパターンしかありません。福祉系の短大で指定科目を履修している場合は、相談援助実務を1年から2年行うことで受験資格が得られる場合があります。社会福祉士の資格を持っている人は、短期養成施設で6箇月以上の養成をすることで受験することができるようになります。一般の4年制大学を卒業している人等は養成機関において1年以上の養成が必要になります。相談援助を4年以上行った人も同様です。

多くの人が行う必要があるのが、養成機関における養成になります。わざわざ学校に通う必要があるのか、仕事をしている人は通うことができない等があるかもしれません。行えるのは全国にある福祉系の大学や専門学校になります。そして、多くの場合通信教育で勉強ができるようになっています。一般的な知識などは自宅で学習をしながら、必要な養成を受けることになります。では通学は一切行わなくてよいかですが、この資格においては、コミュニケーションが非常に重要になります。そのために実践的な教育は必要不可欠です。スクーリングが用意されているので、そちらを利用します。一般的には土日に設定されているので、その中から自分の行ける日程で予定をくめば、養成期間を満たせるようになります。学校によっては、国家試験対策もあります。