精神保健福祉士を通信で取得!学校比較!

三角の画像

HOME > 精神保健福祉士の通信について > 精神保健福祉士の資格取得には通信講座が効果的

精神保健福祉士の資格取得には通信講座が効果的

精神保健福祉士は、1950年代から精神科医療機関を中心に医療の現場で活躍してきましたが、昨今に於けるストレス社会、様々なハラスメントなどによって、多くの人々の精神の健全を保つ為に、非常に存在感が増してきています。精神に障害を抱える人々に対する、相談援助などの社会福祉業務の、スペシャリストと言う位置付けになりますが、国家資格となっており取得する為には、試験に合格する必要があります。精神保健福祉士の国家資格取得を検討する際に、多くの希望者が活用していますのが、通信講座による勉強です。通信講座を活用する大きなメリットは、仕事を続けながら空いた時間に勉強が出来ると言う事や、過去問題などから出題傾向を分析し、要所を押さえた効果的な教材、講師の添削などによって、独学に比べ効率よく学べるというポイントが挙げられます。


専門学校には精神保健福祉士の通信があります

自分なりの勉強法で精神保健福祉士の資格を取得しようと考えているときは国家試験に合格しなければ、現場で働くことはできません。資格取得までの学習は通信制大学と通信制の専門学校で勉強することができます。大学よりも専門学校のほうが事務経験を踏まえながら資格を取得することができるので、技術力と学力を両立させながら卒業できます。通信制の場合は、入学シーズンが1年のなかで2回あります。学習は学校から支給されたテキストを使って勉強をします。科目ごとレポートを提出して合格点を取ったら単位を取得できるシステムになっています。レポートで合格点を取ったら、科目修了試験を受験します。そして、面接授業を受けながら卒業をするために実習をします。専門学校の場合は卒業と同時に精神保健福祉士の国家試験の受験資格を取得できるので、卒業後にすぐに働けます。


精神保健福祉士の通信で勉強して低料金

精神障害の方に対して、相談したり援助を行ったりする国家資格として、精神保健福祉士があります。一般的に資格取得する時には普通課程か夜間通えるようになスクールがあるのですが、現在別な仕事をされてる方であれば、通信講座でも勉強をすることが出来るようになってます。独学での勉強となりますので、自分自身のモチベーションがとても重要となります。仕事をしながら、別な資格の勉強を掛け持ちで行うのは、とても大変ではありますが、一番のメリットとしては料金の安さにあります。始める時もすべて自分のペースで勉強が出来るのですが、教材と同梱してあるので、勉強の進め方を参考にされることによって、適格に勉強を進めることが出来るようになります。精神保健福祉士の勉強を進めていくにあたり、わからないことがあれば、何でも相談が出来るようになってます。

次の記事へ