精神保健福祉士を通信で取得!学校比較!

三角の画像

HOME > 精神保健福祉士の通信について > 精神保健福祉士試験を通信講座で対策

精神保健福祉士試験を通信講座で対策

試験の対策は通信講座でも大丈夫でしょうか。精神保健福祉士とは、精神保健福祉士法に規定された、精神障害者に対する社会福祉業務に携わる者の国家資格です。福祉系の大学や短大で特定の単位を取得するか、実務経験を積むなどして、受験資格を得てはじめて、国家試験を受験することが出来ます。国家試験は、年に一回、筆記試験により行われます。筆記試験の科目数は、17科目にも及ぶため大量の勉強時間と努力が必要といえるでしょう。もっとも、筆記試験とはいってもすべて多肢選択形式で行われ、記述式の問題は出題されないため著しく難易度が高いとまではいえません。また、合格率は約60パーセントほどであり、同じく60パーセント前後の得点が、合格基準であるとされています。したがって、通信講座による対策でも充分に精神保健福祉士の国家試験に対応できるでしょう。


精神保健福祉士の通信制の大学を比較できるサイト

精神保健福祉士を目指すことが可能な通信制の大学は、複数あります。各々の学校によって費用には差があります。また費用だけでなく、カリキュラムなどにもかなり差が生じてきます。そこで、通信制の大学の特徴を簡単に比較することができるサイトがインターネット上にはありますので、その比較サイトを上手に活用することによって、効率的に比較していくことが可能です。各々の学校の費用を比較することもできますし、カリキュラム内容の比較することもできます。費用やカリキュラムといったものは、学校を選ぶ際には重要な判断材料となります。そうした情報を同一サイトで比較することができますので、時間も手間もいらないで探すことができます。これらの情報を一つ一つの通信制の大学ごとに調べていって、そして比較するといったことはあまりにも効率が悪いです。


精神保健福祉士の通信教育で、毎日コツコツ勉強を

精神保健福祉士の資格試験合格を目指した通信教育があります。教室に通って勉強をするのは費用も時間もかかりますが、通信教育でしたら比較的安いコストで自宅で学習する事が可能です。資格試験に合格するための勉強法を身につける事ができるので、独学で合格を目指すよりも有利になるでしょう。専門の講師が長年の経験から資格試験合格のための指導を行ってくれるので、充実した学習時間になる事でしょう。精神保健福祉士の資格を受験するための条件を満たしても、試験に合格をしなければ資格は得られません。資格試験に対してどのような勉強を行うかが最も重要になるので、通信教育による学習は大いに役立ちます。毎日の仕事で忙しい方でも、その合間を縫って勉強することは可能です。毎日コツコツとした学習の積み重ねが合格につながります。一歩ずつ前進してください。

次の記事へ