精神保健福祉士を通信で取得!学校比較!

三角の画像

HOME > 精神保健福祉士の通信について > 高卒で精神保健福祉士の資格を通信で取得する

高卒で精神保健福祉士の資格を通信で取得する

精神保健福祉士の資格を取得するためには、一般的に福祉系の大学に進むか通信教育制の大学に進むかです。進学する余裕がないような人であれば、指定された施設で相談援助実務を四年以上こなした後に一般養成施設などで一年以上学ぶと資格資格を得ることができます。ただ、この方法は非常に年月をかけなくてはいけないので、年齢的な部分と自分の生活スタイルときちんと相談しなくては失敗してしまう可能性が高いです。そのため、福祉系大学や通信教育制の大学に編入する方が現実的だと考えられます。高校を卒業した後、すぐに就職した人は仕事をしながら勉強を続けたいのか、それともしっかりと通って一本に絞るのかという点は自分や家族と相談する必要があります。どのような状況であれ、絶対に無理ということはありませんので、家族や相談機関に聞いてみるというのも一つの手です。


精神保健福祉士の通信教育は、現代とても人気がある

現代は、心にとても関心を持つ人が多くなってきています。心理カウンセラーや臨床心理士になりたい、という人も多くなってきていて、人気の高い職業になってきています。昔は物質主義の人が多く、あまり心に感心を持つ人の数は少なかったですが、現代はものよりも、心のあり方に興味のあるという人が多い、ということは否めません。精神保健福祉士も注目度の高い職業で、通信教育も頻繁に行われています。通信教育なら学ぶ時間などの自由が多い場合もあり、人気を博しています。また、精神保健福祉士は需要も高いため、重宝される場合も多く、心理職の中でも安定した人気を博しているのが現状です。人数もどんどん増えてきており、これからも益々増え続けていく可能性も十分高いです。心の仕組みを学べると、人間関係もスムーズに進めていけるため、便利な事もとても多いです。


精神保健福祉士の通信講座には2つの目的がある

精神保健福祉士の通信講座には2つの目的がありますので、まずはそのことに関して知っておく必要があります。1つ目の目的は、単純に受験資格を得るためのものであります。この資格を取得する方法としていくつかありますが、たいていは大学に進学にすることがメインとなります。また、大学を卒業してから養成施設に通って受験資格を得ることもできます。しかし、大学に事情があって行けない方がこの資格の受験資格を得るには、通信講座を利用することになります。つまり、高卒の方がこの講座を受講することになります。2つ目の目的は、精神保健福祉士の国家試験対策のためのものであります。こちらは、国家試験に合格するための対策として受講します。受講期間は、ほとんどが1年以内に終了するようになっています。以上のように、目的によってどちらの通信講座を受講するか選んでいきます。

次の記事へ